2019/07/06

洋服レンタルで服を汚してしまった時は?保証制度について

洋服レンタルで心配なのは「もし借りた洋服を汚してしまったらどうしよう?」「弁償させられてしまうの?」といったもの。

そんな万が一の場合でも上限が決まっていて、何万円も請求が来るといったことはないのでご安心を。

では、実際にどれくらいの費用を払う必要があるのか、ケース別に紹介します。

食べ物やシミを付けてしまった!

最も多い汚れとして、食事のソースファンデーションなど比較的落とすことが可能なシミの場合にはどうなるでしょうか?

エアークローゼットを例に見てみましょう。

基本的には元に戻せる場合には補修やクリーニングで対応。戻せない場合には弁償金がかかるイメージです。

ケース別修繕対応可否

修繕対応可のケース 修繕対応不可のケース
  • ・インク、ファンデ、食べ物等によるシミ
  • ・縫い目の裂け、ほどけ、ほつれ
  • ・ファスナーの不具合、壊れetc…
  • ・血液、排泄物等のクリーニング不可能なシミ
  • ・生地(縫い目以外)の裂け、破れ
  • ・ボタン、装飾品の外れで、現物返却なしetc…

今回の食事のソースなどは修繕対応が可能なので、600円 / 1着の修繕費用のみの支払いになります。

修繕不可の場合には会員価格の10%が弁償金として発生します(レギュラー会員の場合)。

エアークローゼットでは9,800円/月なので、980円を支払うことになります。洋服代の実費を請求されるわけではないので少し安心ですね。